×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > コロンビアの鉱山 > Cerrejon
コロンビア
中南米・コロンビアの主な鉱山について。
Cerrejon

Cerrejon鉱山周辺地図
所在La Guajira
産物石炭
操業開始1986年
採掘方法露天堀

権益比率
BHP Billiton33.33%
Anglo American33.33%
Xstrata33.33%


Cerrejon鉱山はコロンビア最大の石炭輸出企業であるCerrejon Coal Companyが所有する石炭鉱山の総称であり、コロンビア北東部のGuajira(グアヒラ)半島に位置する。

Cerrejon Coal Companyは資源メジャーBHP Billiton(BHPビリトン)Anglo American(アングロ・アメリカン)スイスXstrata(エクストラータ)との権益3等分によるJV。Xstrataは親会社であるGlencore(グレンコア)から権益を取得している。

Cerrejon炭鉱は北部・中央部などに分かれる。

中核を占める北部(Cerrejon Zona Norte)炭鉱はもともとコロンビア国営企業のCarbocolと米国石油メジャーであるExxon Mobil(エクソン・モービル)傘下のIntercorとの折半出資によるJVで進められていたプロジェクトであり、1977年から開発、1986年から生産が開始されている。

2000年にBHP Billiton、Anglo American、Glencoreの連合がコロンビア政府所有権益(50%)を取得、Exxon Mobilが所有する残りの権益を2002年に取得し、Cerrejon Coal Companyとして生産を行っている。

中央部では1981年より生産が行われ、Glencoreが1995年に権益を取得。その後1997年にAnglo American、2000年にBHP Billitonが参入している。

Cerrejonから生産される石炭は全量が北部に位置するPuerto Bolívar積出港に運ばれ、主に欧州向けに輸出される。欧州の他には米国や中南米

Cerrejonから得られるロイヤルティーはGuajira経済に多大な影響を及ぼす。

Cerrejonの年間石炭輸出量は北部・中央部合わせて約3100万トン。

参考:各社ホームページより