×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > カナダの鉱山 > Diavik
カナダ
北米・カナダの主な鉱山について。
Diavik(ダイアヴィク)

Diavik(ダイアヴィク)鉱山周辺地図
※地図【 州地図 】   【 国地図 】
所在Northwest Territories
(ノースウエスト準州)
産物ダイヤモンド
操業開始2003年
採掘方法露天掘
HPhttp://www.diavik.ca/

権益比率
Rio Tinto60%
Harry Winston Diamond Corporation40%


Diavik(ダイアヴィク)鉱山はカナダ国内最大の生産規模を持つダイヤモンド鉱山。北部準州の州都Yellowknife(イエローナイフ)の北東約300kmの位置にある。

英国オーストラリア資源メジャーであるRio Tinto(リオ・ティント)と、カナダのダイヤモンド生産企業Harry Winston Diamond Corporation(ハリー・ウィンストン、旧Aber Diamond Corporation)とのJV。それぞれ完全子会社を通して鉱山権益を所有している。子会社はRio TintoがDiavik Diamond Mines(DDMI)、Harry Winston Diamond CorporationはHarry Winston Diamond Mines。

ダイヤモンド生産世界最大級の企業であるRio Tintoのダイヤモンド部門において、世界最大のダイヤモンド鉱山であるArgyle(アーガイル)鉱山に次ぐ同社の主力鉱山。Rio Tintoがオペレーターであり、鉱山建設などのマネージメントを行っている。

Diavik(ダイアヴィク)鉱山の年間ダイヤモンド生産量
※権益100%ベース
Diavik鉱山における2009年の年間ダイヤモンド生産量は権益100%ベースで約557万カラット。現行の露天堀による採掘から坑内堀への移行計画を立てている。

DiavikエリアではAber Resourcesによって探鉱が開始され、1992年にRio Tinto傘下のKennecott Canada ExplorationとAber ResourcesがJVを締結。2003年に生産が開始されている。

Diavik鉱山周辺はカナダの主要ダイヤモンド生産エリアであり、近隣ではBHP Billiton(BHPビリトン)Ekati(エカティ)鉱山からダイヤモンド生産を行っている他、英国の資源メジャーであるAnglo American(アングロ・アメリカン)グループのダイヤモンド生産大手De Beers(デビアス)Snap Lake(スナップ・レイク)から生産を行っている。
ダイヤモンド - カナダの主な産物

参考:各社ホームページより