×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > インドネシアの鉱山 > Grasberg
インドネシア
アジア・インドネシアの主な鉱山について。
Grasberg(グラスベルグ)

Grasberg(グラスベルグ)鉱山周辺地図
※地図【 島地図 】   【 国地図 】
所在Papua
(パプア州)
産物
操業開始1990年
採掘方法露天堀坑内堀

権益比率
Freeport-McMoRan Copper & Gold81.28%
PT Indocopper Investama9.36%
インドネシア政府9.36%


Grasberg(グラスベルグ)鉱山はインドネシア・パプア州の大規模鉱山。銅・金の生産量は世界最大級。Grasberg露天堀鉱山とDOZ(Deep Ore Zone)坑内堀鉱山で構成される。

PT Freeport IndonesiaがGrasberg銅・金鉱山の操業を行っており、PT Freeport Indonesiaへの出資比率は米国の資源大手であるFreeport-McMoRan Copper & Gold(フリーポート・マクモラン)が81.28%、PT Indocopper Investamaが9.36%、インドネシア政府が9.36%。PT Indocopper InvestamaはFreeport-McMoRan Copper & Goldの子会社であるため、実質Freeport-McMoRan Copper & GoldがGrasberg鉱山の権益を90.64%所有していることになる。世界最大級の銅・金生産企業であるFreeport-McMoRanの年間銅生産量の約34%、年間金生産量のほとんどを占める主力鉱山。

鉱山拡張分は資源メジャーであるRio Tinto(リオ・ティント)とPT Freeport IndonesiaのJV契約により、Rio Tintoが40%の権益を持つ。

Grasberg(グラスベルグ)鉱山の年間銅生産量
※産物【 銅 】   【 金 】
Grasberg鉱山の2009年の年間銅生産量は63.5万トン、年間金生産量は約260万オンス(権益100%ベース)。2008年は金品位の低下により生産量は大幅減少している。2014年までの生産計画では銅は同水準をキープ、金は年間平均約160万オンスの生産を見込んでいる。

同鉱山で生産された精鉱はインドネシア国内にPT Smelting(PT Freeport Indonesiaや日本企業三菱商事、三菱マテリアルなどが出資)が所有するGresik製錬所、またFreeport-McMoRan傘下のAtlantic CopperがスペインのHuelvaに所有する製錬所へ供給される。

同鉱山では現行の露天堀による採掘(Grasberg露天堀鉱山)は2015年から2016年頃に終了する見通し。その後坑内堀による採掘(Grasberg坑内堀鉱山)へ移行するために開発を行っている。また同時にBig Gossan、DMLZ(Deep Mill Level Zone)などのプロジェクトも進められている。

インドネシア経済を担う重要な鉱山であることから、テロのターゲットとなっている。インドネシアは軍隊を使い、Grasberg銅・金鉱山を保護する動きも見られる。また、鉱山事故や環境汚染も深刻な問題となっており、現地住民との衝突も頻繁に起きている。

参考:各社ホームページより