×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > オーストラリアの鉱山 > Hope Downs
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な鉱山について。
Hope Downs(ホープ・ダウンズ)

Hope Downs(ホープ・ダウンズ)鉱山周辺地図
所在Western Australia
(西オーストラリア州)
産物鉄鉱石
操業開始2007年
採掘方法露天堀

権益比率
Rio Tinto50%
Hancock Prospecting50%


Hope Downs(ホープ・ダウンズ)鉱山は西オーストラリア州のPilbara(ピルバラ)地域にある鉄鉱山であり、同州の都市Newman(ニューマン)の北西75kmの位置にある。

資源メジャーRio Tinto(リオ・ティント)オーストラリアの鉄鉱石生産企業Hancock Prospecting(ハンコック・プロスペクティング)とのJV

Hope Downsはプロジェクト段階においてHancock Prospectingによって進められ、南アフリカ共和国Kumba Resources(クンバ・リソーシズ、当時はAnglo American傘下ではない)とJVを組んでいたが、資源メジャーAnglo American(アングロ・アメリカン)のKumba Resourcesの買収、そして鉄鉱石積出港などの設備利用に関して、世界最大の鉱山企業BHP Billiton(BHPビリトン)との交渉(裁判沙汰に)などからプロジェクトは遅れ、2005年にRio TintoがKumba Resoucesの持分を取得することでRio TintoがHancock ProspectingのJVパートナーとなり、Hope Downsから生産される鉄鉱石はRio Tintoの所有するDampier港湾施設を利用することとなる。

Hope Downs鉄鉱山の年間鉄鉱石生産能力は2200万トンであり、3000万トンに拡張する計画。

参考:各社ホームページより