資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > フィンランドの鉱山 > Kittila
フィンランド
欧州・フィンランドの主な鉱山について。
Kittila

Kittila金鉱山周辺地図
所在Lapland
(ラッピ州)
産物
操業開始2008年
採掘方法坑内堀

権益比率
Agnico-Eagle Mines100%


Kittila鉱山はフィンランド北部のラッピ州の町Kittilaに位置する金鉱山であり、Suurikuusikko金鉱床にある。首都Helsinki(ヘルシンキ)から北へ約900km。

カナダの産金企業Agnico-Eagle Mines(アグニコ・イーグル・マインズ)が所有。

スウェーデンの産金企業Riddarhyttan Resourcesが1988年にフィンランド政府からSuurikuusikko金鉱床を取得。その後、Agnico-Eagle MinesがRiddarhyttan Resourcesの株式を2004年に14%取得、2005年末には残りの株式を取得することでKittila鉱山の権益を抑える。

2008年9月に金生産開始予定。生産量は初年度は50,000oz、その後年間150,000ozを見込む。金埋蔵量は300万oz。

参考:各社ホームページより