資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > ナミビアの鉱山 > Langer Heinrich
ナミビア
アフリカ・ナミビアの主な鉱山について。
Langer Heinrich

Langer Heinrichウラン鉱山周辺地図
所在Erongo
(エロンゴ州)
産物ウラン
操業開始2006年

権益比率
Paladin Energy100%


Langer Heinrich鉱山はナミビア・Erongo(エロンゴ州)の主要都市Walvis Bay(ウォルビス・ベイ)の東約80kmの位置にあるウラン鉱山。Namib Park(ナミブ公園)内にある。

オーストラリアウラン生産企業であるPaladin Energy(パラディン・エナジー)の主力鉱山。

Langer Heinrichウラン開発プロジェクトは当初General Mining and Finance Corporation(Gencor)によって進められ、1999年にオーストラリアのAcclaim Uranium(アクレイム・ウラニウム)が同プロジェクトの権益を取得。その後2002年にPaladin EnergyがAcclaim Uraniumより取得している。

ナミビアで1970年代よりRössing Uranium(ロッシング・ウラニウム)によってウラン生産が行われているRössing(ロッシング)鉱山が北西約50kmの位置にあり、Langer Heinrich鉱山はRössing鉱山に次ぐナミビア第2のウラン鉱山としてナミビア経済への貢献が期待されている。2007年3月にはナミビア大統領やオーストラリアの多数のPaladin Energy株主を招いて開山式が行われている。

参考:各社ホームページより