資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > カナダの鉱山 > Lapa
カナダ
北米・カナダの主な鉱山について。
Lapa

Lapa金鉱山周辺地図
※地図【 州地図 】   【 国地図 】
所在Quebec
(ケベック州)
産物
操業開始2009年
採掘方法坑内堀

権益比率
Agnico-Eagle Mines100%


Lapa鉱山はカナダ東部の州であるケベック州西部Abitibi(アビティビ)地域にある金鉱山。同州の都市Val-d'Or(バル=ドール)の西約45kmの位置にある。高品位の金鉱石採掘が行われている。

カナダの産金企業Agnico-Eagle Mines(アグニコ・イーグル・マインズ)が所有。

同鉱山では2009年5月に金の初出荷が行われ、初年度は年間55,000オンスの金が生産される見通しであり、フル生産で年間約11.5万オンスの金生産が見込まれている。同鉱山における確認及び推定埋蔵量は約80万オンス(鉱石総量320万トン、品位8.2g/t)。

同鉱山で生産された金は東部にあるLaRonde鉱山のプラントへ運ばれドーレ生産が行われる。

Lapaエリアでは1937年より金が生産されていたが閉山。その後1981年よりBreakwater Resources(ブレイクウォーター・リソーシズ)が同エリアで探鉱プロジェクトを展開し、2002年に締結されたBreakwater ResourcesとAgnico-Eagle Minesとのオプション契約に基づき2003年にAgnico-Eagle Minesが同プロジェクトの権益を取得している。

Lapa鉱山周辺はAgnico-Eagle Minesが集中的に金生産を行っているエリアであり、同鉱山の西約11kmの位置ではAgnico-Eagle Minesが主力であるLaRonde鉱山から金生産を行っている他、同社が所有するGoldex鉱山がLapa鉱山の東約60kmの位置にある。
金 - カナダの主な産物

参考:各社ホームページより