資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > パプアニューギニアの鉱山 > Lihir
パプアニューギニア
オセアニア・PNGの主な鉱山について。
Lihir(リヒール)

Lihir(リヒール)金鉱山周辺地図
所在New Ireland
(ニュー・アイルランド州)
産物
操業開始1997年
採掘方法露天堀

権益比率
Lihir Gold100%


Lihir(リヒール)鉱山はパプアニューギニア北東部、ニュー・アイルランド州のLihir Island(リヒール島)にある国内最大の金鉱山。生産量は世界最大級。同国の首都ポートモレスビーの北東約900kmの位置にある。

パプアニューギニアの産金企業Lihir Gold(リヒール・ゴールド)が所有。同社の年間金生産量の大半を占める主力鉱山。

Lihir(リヒール)鉱山の年間金生産量
Lihir鉱山からの2009年の年間金生産量は約85万オンス。同鉱山では2011年~2012年頃に生産量を20万オンス~30万オンス増加させるプロジェクトが進行中であり、年間金生産量を100万オンスクラスへ拡大させる計画を立てている(Million Ounce Plant Upgradeプロジェクト)。

リヒール島では1983年よりKennecott Explorations AustraliaとNiugini MiningのJVによって探鉱が行われ、1988年にRTZ-CRA(現Rio Tinto)がKennecott Explorations Australiaを買収して参入。1995年に鉱山開発のためLihir Goldを設立し、1997年に生産が開始されている。

参考:各社ホームページより