×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > 南アフリカ共和国の鉱山 > Loskop
南アフリカ共和国
アフリカ・南アの主な鉱山について。
Loskop

Loskop PGMプロジェクト周辺地図
所在Mpumalanga
(ムプマランガ州)
産物PGM
操業開始-

権益比率
Platmin72.39%
Moepi26.80%


Loskop鉱山(プロジェクト)は世界最大のPGM開発地域である南アフリカ共和国Bushveld Complex(ブッシュフェルド・コンプレックス)東部で行われているPGMプロジェクト。ムプマランガ州の主要都市Witbank(ウィットバンク)の北約60kmの位置にある。

南アフリカ共和国のPGM企業PlatminとBEE企業であるMoepiのJVであるBoynton Investmentsが所有。英国のPGM大手Lonmin(ロンミン)が同PGMプロジェクトの50%のオプション権を所有している。

Bushveldコンプレックスの東部開発地域の中で南西端にあるプロジェクトであり、近隣ではAquarius Platinum(アクエリアス・プラチナ)やAnglo Platinum(アングロ・プラチナ)などがJVでPGM開発を行っている(Aquarius Platinumの権益所有分はRidge Miningの資産)。

参考:各社ホームページより