×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > オーストラリアの鉱山 > Millennium
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な鉱山について。
Millennium(ミレニアム)

Millennium(ミレニアム)鉱山周辺地図
所在Queensland
(クイーンズランド州)
産物石炭
操業開始2006年
採掘方法露天掘

権益比率
Peabody Pacific99.5%


Millennium(ミレニアム)鉱山はクイーンズランド州・Bowen Basin(ボーエン盆地)の町Moranbahの近隣に位置する石炭鉱山。同州東部の都市Mackay(マッカイ)の西約170kmにある。

米国の石炭大手Peabody Energy(ピーボディー・エナジー)の子会社Peabody Pacific(ピーボディー・パシフィック)が所有。同社の主力炭鉱の1つ。Peabody Pacificはオーストラリアの同業Excel Coal(エクセル・コール)を買収することによりMillennium炭鉱の権益84.6%を取得。2008年7月には権益を15%追加取得し、99.5%に持分を高めている。また、残りの0.5%も取得する意向を示している。

原料炭・PCIを生産。鉱山機械やトラックの利用などで鉱山サービス企業Downer Edi Miningと契約している。

Millennium炭鉱は英国オーストラリアの資源大手BHP Billtion(BHPビリトン)日本の三井物産の合弁であるBMC(BHP Mitsui Coal)の所有するPoitrel(ポイトレル)炭鉱に隣接しており、JVを組むことにより鉄道などのインフラで提携している。

Millennium炭鉱から生産される石炭は積出港であるDalrymple Bay(Mackay近隣)へ運ばれ、日本・韓国インドといった鉄鋼需要が旺盛なアジア諸国の主要製鉄所へ向けて出荷される。

参考:各社ホームページより