×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > オーストラリアの鉱山 > Mt Isa
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な鉱山について。
Mt Isa(マウント・イーサ)

Mt Isa(マウント・イーサ)銅・亜鉛・鉛・銀鉱山周辺地図
所在Queensland
(クイーンズランド州)
産物亜鉛
操業開始
採掘方法露天掘、坑内掘

権益比率
Xstrata100%


Mt Isa(マウント・イーサ)鉱山はクイーンズランド州の都市Mt Isa(マウント・イーサ)にある複数の銅・亜鉛・鉛鉱山の総称であり、世界最大級の生産規模を持つ。鉱石採掘の他、製錬所も抱える。副産物として銀も生産。1923年に鉱床が発見されている。

スイスの資源大手Xstrata(エクストラータ)が所有。同社の主力鉱山の1つ。

旧MIM Holdings(MIMホールディングス)の資産であり、2003年にXstrataがMIM Holdingsを買収して取得。

銅生産においては2つの坑内堀鉱山(Enterprise鉱山、X41鉱山)から行われており、同鉱山で採掘された銅は主に製錬所にて銅アノードへ加工した後に東にあるTownsville(タウンズビル)の精錬所へと運ばれ、電気銅が生産される。

亜鉛・鉛生産においては1つの露天堀鉱山(George Fisher鉱山)と2つの坑内堀鉱山(Black Star鉱山、Handlebar Hill鉱山)から行われている。

Mt Isa鉱山における年間生産量は銅が17万トン(精鉱)・30万トン(アノード)、亜鉛が28万3000トン、鉛が17万トン。

参考:各社ホームページより