×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > オーストラリアの鉱山 > Mt Cattlin
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な鉱山について。
Mt Cattlin

Mt Cattlinリチウム・タンタルプロジェクト周辺地図
※地図【 州地図 】   【 国地図 】
所在Western Australia
(西オーストラリア州)
産物リチウムタンタル
操業開始-

権益比率
Galaxy Resources100%


Mt Cattlin鉱山(プロジェクト)は西オーストラリア州南部の町Ravensthorpe(レーベンズソープ)近隣で行われている露天堀によるリチウム・タンタルプロジェクト。ペグマタイト鉱床からの鉱石生産。州都Perth(パース)の南東約450kmの位置にある。世界最大級のリチア輝石資源量を持つ。同プロジェクトの西部では世界最大のリチア輝石・タンタル鉱山であるGreenbushes鉱山が旧Talison Mineralsのリチウム部門であるTalison Lithiumによって操業されている。

オーストラリアのGalaxy Resources(ギャラクシー・リソーシズ)が開発を行っており、Galaxy ResourcesがRavensthorpeでベースメタルなど様々な資源をターゲットとして展開するRavensthorpeプロジェクトの中の1つ。同社の主力プロジェクト。2009年のMt Cattlinプロジェクトにおける資源量は鉱石総量で約1440万トン(酸化リチウム含有率1.08%、酸化タンタル153ppm)。含有量ベースで酸化リチウムは約155,000トン、酸化タンタルは約2,200トン(約483万ポンド)。

Mt Cattlinプロジェクト及び中国炭酸リチウム精製プラントの地図
Mt Cattlinプロジェクトではリチウムを含む鉱石であるリチア輝石を採掘した後に西オーストラリア州南部の主要資源積出港であるEsperance(エスペランス)港より中国・上海近隣の張家港(Zhangjiagang)へ輸送され、同社が中国の同地域で開発を行っているリチウムのダウンストリーム(下流)部門である炭酸リチウムプラント(Jiangsuプラント)で精製が行われる(Galaxy Resources完全所有)。同プラントでは炭酸リチウムの精製過程で副産物として硫酸ナトリウムも生産される。

同プロジェクトにおいて予定される年間リチア輝石生産量は約137,000トン(酸化リチウム含有率6%)であり、2010年3Qの生産開始が見込まれている。また中国のJiangsuプラントにおける炭酸リチウム生産量は年間約17,000トンが見込まれている。生産が開始されればMt Cattlin鉱山はGreenbushes鉱山に次ぐ世界最大級のリチア輝石鉱山になるとともにGalaxy Resourcesは世界最大級の炭酸リチウム生産企業となる。生産された炭酸リチウムはアジアの自動車業界へ供給される見通し。
リチウム - オーストラリアの主な産物

2010年2月には生産される炭酸リチウムにおいてGalaxy Resourcesと日本の三菱商事との間で長期供給契約が締結されている。

Mt Cattlinプロジェクトにおいて主力のリチア輝石の副産物として生産されるタンタルはオーストラリア国内で加工される。年間酸化タンタル生産量は約25トン(約56,000ポンド)を見込んでいる。

参考:各社ホームページより