資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > パプアニューギニアの鉱山 > Ok Tedi
パプアニューギニア
オセアニア・PNGの主な鉱山について。
Ok Tedi

Ok Tedi銅・金鉱山周辺地図
所在Western
(西部州)
産物
操業開始1984年
採掘方法露天堀

権益比率
Ok Tedi Mining100%


Ok Tedi鉱山はパプアニューギニア(PNG)・西部州北部の都市Tabubil近隣にある同国最大の銅鉱山。隣国であるインドネシアのパプア州との国境から東へ約18kmの位置にある。国内で唯一銅生産が行なわれている鉱山であり、同国経済にとって非常に重要な地位を占める鉱山である。1984年に、1987年に銅の生産が開始されている。

パプアニューギニアの資源企業Ok Tedi Miningが所有。Ok Tedi Miningには同国のPNG Sustainable Development Program(PNGSDP)が52%、同国政府が30%、カナダの資源企業Inmet Miningが18%出資している。

Ok Tedi鉱山からは2008年に年間約16万トンの銅及び約52万オンスの金が生産されており、主にアジアや欧州に向けて輸出されている。同鉱山の近隣ではスイスのXstrata(エクストラータ)が探鉱を行っている(Frieda Riverプロジェクト)。

参考:各社ホームページ、USGSより