資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > エクアドルの鉱山 > Quimsacocha
エクアドル
中南米・エクアドルの主な鉱山について。
Quimsacocha

Quimsacocha金プロジェクト周辺地図
所在Azuay
(アスアイ州)
産物
操業開始-

権益比率
Iamgold100%


Quimsacocha鉱山(プロジェクト)はエクアドルの主要都市Cuenca(クエンカ)の南西約30kmの位置で行われている金・銀・銅プロジェクト。同国の首都キトの南約480km。Cerro Casco、Rio Falsoなど複数の鉱区で構成される。

カナダの産金企業Iamgoldが権益を所有。Quimsacochaプロジェクトでは2012年頃に生産が開始される予定であり、年間金生産量は約20万オンスを見込んでいる。

Quimsacochaプロジェクトは1991年に権益を取得したフランスのCogema(現Areva NC)によって開発が進められ、1993年に米国のNewmont Mining(ニューモント・マイニング)やTVX Gold(現Kinross Gold)が同プロジェクトに参入したが撤退。その後1999年にIamgoldがCogemaより同プロジェクト権益を取得している。

参考:各社ホームページより