資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > インドの鉱山 > Rampura Agucha
インド
アジア・インドの主な鉱山について。
Rampura Agucha(ランプラーアグチャ)

Rampura Agucha(ランプラーアグチャ)鉛・亜鉛鉱山周辺地図
※地図【 州地図 】   【 国地図 】
所在Rajasthan
(ラージャスターン州)
産物亜鉛
操業開始
採掘方法露天掘

権益比率
Hindustan Zinc


Rampura Agucha(ランプラーアグチャ)鉱山はインド国内最大の亜鉛・鉛鉱山であり、世界では米国のRed Dog(レッド・ドッグ)鉱山、オーストラリアのCentury(センチュリー)鉱山に次ぐ生産規模を持つ。インド北西部ラージャスターン州の州都Jaipur(ジャイプル)の南約235kmの位置にある。主産物である鉛・亜鉛の他に銀も少量生産されている。

英国の資源大手Vedanta Resources(ベダンタ・リソーシズ)グループであるインドの亜鉛大手Hindustan Zincが所有。同社の主力鉱山。

Rampura Agucha鉱山から生産される鉛は南にあるChanderiya鉛製錬所(Hindustan Zinc所有)へ、亜鉛は同じくHindustan Zincの所有する亜鉛製錬所(Andhra Pradesh州のVizag亜鉛製錬所など)へ運ばれる。

2010年には世界最大の亜鉛鉱山となることを目標としている。

参考:各社ホームページより