資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > オーストラリアの鉱山 > Rosebery
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な鉱山について。
Rosebery(ローズベリー)

Rosebery(ローズベリー)鉱山周辺地図
所在Tasmania
(タスマニア州)
産物亜鉛
操業開始1936年
採掘方法坑内堀

権益比率
Minerals and Metals Group100%


Rosebery(ローズベリー)鉱山はタスマニア州北西部の都市Rosebery(ローズベリー)にある多金属鉱山。

中国の中国五鉱集団(China Minmetals Corporation)の完全子会社であるMinerals and Metals Group(MMC)が所有。Minerals and Metals Groupが同じくタスマニア州で操業するAvebury(エーブベリー)ニッケル鉱山が南西にある。

オーストラリアの資源大手OZ Minerals(OZミネラルズ)が所有していたが、2009年6月に中国五鉱集団が取得している。旧Zinifex(ジニフェックス)の資産。

マインライフを伸ばすべくRosebery鉱山の南東約10kmにあるSouth Hercules鉱床で開発を進めており、2009年末に同鉱床から生産が開始される見通し(OZ Mineralsによる)。

2008年のRosebery鉱山からの亜鉛生産量は約8万5000トンであり、その他鉛、銅、金、銀が生産されている。

参考:各社ホームページより