×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > ナミビアの鉱山 > Rössing
ナミビア
アフリカ・ナミビアの主な鉱山について。
Rössing(ロッシング)

Rössing(ロッシング)ウラン鉱山周辺地図
所在Erongo
(エロンゴ州)
産物ウラン
操業開始1976年
採掘方法露天掘

権益比率
Rössing Uranium100%


Rössing(ロッシング)鉱山はナミビア西部エロンゴ州の町Arandis近隣にある同国最大のウラン鉱山。

資源メジャーであるRio Tinto(リオ・ティント)の子会社であるナミビアのRössing Uranium(ロッシング・ウラニウム)が生産。Rio TintoはRössing Uraniumの株式68.6%を所有。Rio Tintoが同じく傘下に抱えるEnergy Resources of Australia(エナジー・リソーシズ・オブ・オーストラリア)所有のRanger(レンジャー)ウラン鉱山とともにRio Tintoのウラン部門の主力鉱山の1つである。

Rössingウラン鉱山では2008年に年間約4000トンのウラン(イエローケーキ)が生産されている。

参考:各社ホームページより