資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > ナミビアの鉱山 > Spitzkoppe
ナミビア
アフリカ・ナミビアの主な鉱山について。
Spitzkoppe

Spitzkoppeウランプロジェクト周辺地図
所在Erongo
(エロンゴ州)
産物ウラン
操業開始-

権益比率
Arlan75%-1株
ARMZ & VTB Capital Namibia25%+1株


Spitzkoppe(Klein Spitzkoppe)鉱山(プロジェクト)はナミビア中央部・エロンゴ州Karibib(カリビブ)地区で行われているウランプロジェクト。2鉱床で構成される。

資源投資を主体としたロシア企業Arlanとロシアのウラン生産大手ARMZ、ロシアの大手銀行VTB Bank傘下のVTB Capital NamibiaのJVであるSWA Uranium Minesが権益を所有。露天堀による生産の見通し。

2008年5月に3社によってJVが設立される。ロシア国内のウラン生産を独占するARMZが唯一ナミビアに権益を所有するウランプロジェクト。アフリカ最大級のウラン生産国であるナミビアにおいて特にウラン開発が盛んなエロンゴ州でのウラン開発へのロシア資本の参入。

参考:各社ホームページ、Republic of Namibiaより