×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > フィリピンの鉱山 > Tampakan
フィリピン
アジア・フィリピンの主な鉱山について。
Tampakan(タンパカン)

Tampakan(タンパカン)銅・金プロジェクト周辺地図
※地図【 島地図 】   【 国地図 】
所在Mindanao
(ミンダナオ島)
産物
操業開始-

権益比率
Xstrata62.5%
Indophil Resources34.2%
Alsons Corporation3.3%


Tampakan(タンパカン)鉱山(プロジェクト)はフィリピン南部のミンダナオ島で行われている大規模銅・金プロジェクト。未開発の銅・金鉱床としては東南アジア最大級の規模を持つ。1980年代に鉱床が発見され、South Cotabato(サウス・コタバト州)、Sultan Kudarat、Davao del Surの3つの州にまたがって開発が進められている。General Santos City(ジェネラル・サントス・シティー)の北約65kmの位置にある。

スイス資源メジャーであるXstrata(エクストラータ)オーストラリアの資源企業Indophil Resources(インドフィル・リソーシズ)、フィリピン企業であるAlsons Corporationの3社によるJVであるSagittarius Mines(SMI)が操業を行っている。

Xstrataは2003年のMIM Holdingsの買収によりTampakanプロジェクトに対するオプション権を取得。2006年にオプション権を行使して同プロジェクトの権益62.5%を取得している。

Tampakanプロジェクトの権益を巡ってXstrataがIndophil Resourcesに買収を仕掛け、Indophil Resourcesが反発。2008年10月にはAlsons Corporationが香港の投資会社であるCrosby Capital Partners(クロスビー・キャピタル・パートナーズ)と組んでIndophil Resourcesの全権益を取得することで合意するなど、Indophil ResourcesとXstrataの対立が見られる。

2009年末には同プロジェクトへの参入を目的として中国の金・銅生産大手である紫金砿業集団(Zijin Mining)がIndophil Resourcesに買収提案を行っている。

参考:各社ホームページより