×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
資源一覧 資源用語 資源企業 資源ランキング
鉱山 原油・ガス田 各国情勢 取引所

資源ランキング

資源について > 資源ランキング > 銅生産量(企業別)
資源関連の様々なランキングについて。
銅生産量(企業別)

電線などに使用される産業上重要なベースメタルであるを生産する企業の年間生産量別のランキング(NMA)。

2008年

ランク企業本社主な生産拠点
1CODELCOチリチリ
2Freeport-McMoRan米国インドネシア、米国、チリ
3BHP Billiton英国・オーストラリアチリ、ペルー、オーストラリア
4Xstrataスイスオーストラリア、チリ、ペルー、アルゼンチン
5Rio Tinto英国・オーストラリアチリ、米国
6Anglo American英国チリ、南アフリカ共和国
7SCC(Grupo Mexico)米国ペルー、メキシコ
8KGHMポーランドポーランド
9Norilsk Nickelロシアロシア、ボツワナ
10Kazakhmys英国カザフスタン

世界最大の銅生産国チリでは多くの大手資源企業が国内で生産及び開発を行っており、同国の国営企業であるCODELCO(コデルコ)が銅生産量では世界最大。またインドネシア最大の銅・金鉱山であるGrasberg(グラスベルグ)鉱山を所有する米国のFreeport-McMoRan Copper & Gold(フリーポート・マクモラン)もCODELCOとほぼ同等の生産量(ともに年間生産量150万トン強)。同社は米国では日本企業などとJV展開している。
銅 - チリの主な産物

BHP Billiton(BHPビリトン)やRio Tinto(リオ・ティント)は世界最大の銅鉱山であるチリのEscondida(エスコンディーダ)鉱山の権益を所有している。

Xstrata(エクストラータ)はオーストラリアが生産の中心であり、同国企業MIM Holdingsの買収によりクイーンズランド州のMt Isa鉱山などを取得、生産量を拡大させている。またXstrataやAnglo American(アングロ・アメリカン)はチリのCollahuasi(コジャワシ)鉱山の権益を所有している。Anglo Americanは同鉱山からの生産の他、同社の主力事業の1つである南アフリカ共和国・Bushveld Complex(ブッシュフェルド・コンプレックス)でのPGM(白金など)生産において主産物であるPGMとともに銅を生産している(Anglo Platinum)。

メキシコの資源大手Grupo Mexico(グルポ・メヒコ)の中核であるSouthern Copper Corporation(SCC)は南米で集中的に銅生産を行っている。ロシアのNorilsk Nicekl(ノリリスク・ニッケル)は同国の主要資源生産地域であるPolar DivisionやKola MMCで主産物であるニッケルとともに銅を生産しており、国内で大きなシェアを持っている。ポーランドのKGHMやカザフスタンに生産拠点を置くKazakhmys(カザキミス)は国内の銅生産を独占している。

チリや米国など主要銅生産国においては日本企業が銅製錬における原料確保のため多くの銅鉱山に出資しており、銅製錬においては日本のパンパシフィック・カッパーや住友金属鉱山などが世界上位のシェアを持っている。

参考:NMA、各社ホームページより