×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
資源一覧 資源用語 資源企業 資源ランキング
鉱山 原油・ガス田 各国情勢 取引所

資源ランキング

資源について > 資源ランキング > 鉛生産量(国別)
資源関連の様々なランキングについて。
鉛生産量(国別)

自動車用の鉛蓄電池(バッテリー)に使用されるベースメタルであるの国別の生産量ランキング。

2007年

鉛国別年間生産量
※USGS
ランク生産国生産量
(000 t)
1中国1,500
2オーストラリア641
3米国444
4ペルー329
5メキシコ120
6ポーランド85
7カナダ82
8インド78
9スウェーデン62
10アイルランド54


鉱山生産量。USGSのデータをもとに作成。USGSによれば鉱山で生産される鉛(精鉱)の世界総生産量は約377万トン。鉛は同じベースメタルである亜鉛とともに生産される鉱山が多く、国別の生産量においても主要生産国は共通している。中国・オーストラリア・米国の鉛鉱山生産上位3カ国で世界全体の7割弱、鉛鉱山生産上位10カ国では世界全体の約90%を占める。

米国ではアラスカ州でRed Dog(レッド・ドッグ)亜鉛・鉛鉱山を操業しているTeck Cominco(テック・コミンコ、現Teck Resources)やミズーリ州を中心に鉛生産を行っているDoe Runの鉛生産シェアが大きい。

日本でも鉛鉱山から生産が行われていたが、2006年に閉山しており、2007年では生産量はない。

参考:USGSより