資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 各国情勢

資源用語

資源について > 資源用語 > > 原位置抽出法

資源に関連する様々な用語について。

採掘方法

原位置抽出法

英語In Situ Leach(ISL)、In Situ Recovery(ISR)、solution mining

In Situ Leach(原位置抽出法)とは鉱床において井戸を掘り、硫酸や過酸化水素水を注入して鉱物を溶解させ、ポンプで抽出する方法。ウランの採掘に用いられる。

大規模な採掘作業を要する露天堀や坑内堀と比較してIn Situ Leachは低コストでの生産が可能であり、ウラン埋蔵量が豊富なカザフスタンや米国で主流となっている。

In Situ Leachが採用されている主なウラン鉱山はカザフスタンのInkai鉱山やAkdala鉱山、米国のSmith Ranch-Highland鉱山など。オーストラリアでは唯一南オーストラリア州でBeverley鉱山からIn Situ Leachによる生産が行われている。