資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

資源ランキング

資源について > 資源ランキング > 鉛生産量(企業別)
資源関連の様々なランキングについて。
鉛生産量(企業別)

自動車用の鉛蓄電池(バッテリー)などに使用されるベースメタルである鉛の企業別の生産量ランキング。

2007年

ランク企業本社世界シェア
(%)
1Xstrataスイス7.8
2BHP Billiton英国・オーストラリア6.7
3Doe Run米国6.4
4Teck Comincoカナダ3.7
5Minera Volcanペルー2.3
6Glencoreスイス2.2
7Zinifexオーストラリア2.1
8Hindustan Zincインド2.1
9Anglo American英国1.8
10Industrias Penolesメキシコ1.8

2006年にスイスの資源大手Xstrata(エクストラータ)がカナダの資源大手Falconbridge(ファルコンブリッジ)を買収したことにより、生産規模を拡大し、世界シェアを高めている。

世界最大級の鉛生産規模を持つCannington(カニングトン)鉱山を所有する資源メジャーのBHP Billiton(BHPビリトン)がXstrataに次いで鉛生産量世界2位となっている。

また、7位に入っているオーストラリアの資源大手Zinifex(ジニフェックス)は、2008年に同業のOxiana(オキシアナ)と合併し、OZ Minerals(OZミネラルズ)となっている。そのため、新会社OZ Mineralsの鉛生産世界シェアは6位になると見られている。

OxianaとZinifexは統合してOZ Mineralsとなりオーストラリア最大級の資源企業となったが、資金繰りの悪化により亜鉛・鉛生産における主力であるCentury(センチュリー)鉱山をはじめとした資産を中国企業に売却し、鉛事業から撤退している。

ランクインしていないがオーストラリアの大規模亜鉛・鉛鉱山であるBroken Hill(ブロークン・ヒル)鉱山でお互いに鉱床を所有するオーストラリアの企業Perilya(ペリルヤ)とCBH Resources(CBHリソーシズ)が2008年に合併交渉しており、成立すれば鉛生産世界シェア5位に入る見通しだったが交渉は決裂している。


参考:ILZSGより