資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > カナダ企業 > Nickel Asia Corporation
フィリピン
アジア・フィリピンの主な資源企業について。

Nickel Asia Corporation(ニッケル・アジア・コーポレーション)


Nickel Asia Corporation(ニッケル・アジア・コーポレーション)はフィリピン最大のニッケル生産企業。2006年にフィリピンの複数の企業を傘下に抱える持株会社として設立。


生産拠点はフィリピン国内であり、6つの鉱山権益を所有する他、ニッケル・コバルト混合硫化物を生産するCoral Bay(コーラル・ベイ)施設を抱えるCoral Bay Nickel Corporationの権益を10%所有。Coral Bay Nickel Corporationは日本企業である住友金属鉱山三井物産、双日とのJV。施設のオペレーターは住友金属鉱山。


鉱山においては日本企業とJVでRio Tuba鉱山やTaganito鉱山からニッケル生産を行う。またその他複数のニッケル鉱山の権益を100%所有している。


Nickel Asia Corporationが生産するニッケルは主に日本の大平洋金属(Pacific Metals・PAMCO)をはじめとして中国やフィリピン国内へ出荷される。


2009年8月に住友金属鉱山がNickel Asia Corporationの株式16.5%を取得している。



主な鉱山

Nickel Asia Corporation(ニッケル・アジア・コーポレーション)の主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。

フィリピン
・Cagdianao-ニッケル
・Manicani-ニッケル
・Rio Tuba-ニッケル
・South Dinagat-ニッケル
・Taganaan-ニッケル
・Taganito-ニッケル


参考:各社ホームページより