資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > ブラジル企業 > Vale
ブラジル
中南米・ブラジルの主な資源企業について。

Vale(ヴァーレ)


Vale(ヴァーレ)はブラジルに本社を置く、多種類の資源を生産する資源メジャー。Companhia Vale do Rio Doce(リオドセ)との社名でCVRDなどの呼称として知られる。2007年11月に対外名称をValeへと変更、2009年5月にCompanhia Vale do Rio DoceからVale S.A.へと正式名称の変更を発表している。1942年の設立当初は国営企業であり、1997年に民営化されている。


主力事業は鉄鉱石。世界最大の鉄鉱石生産企業。ブラジル国内での鉄鉱石生産を独占している。


また2006年にカナダのニッケル生産大手Inco(インコ)を他企業との熾烈な買収合戦の末に取得しており、ニッケル生産規模が急拡大している。ニッケルの生産拠点は主にカナダ国内であり、カナダの鉱山では主産物であるニッケル・銅の他、副産物としてレアメタルであるコバルトやPGM(白金、パラジウム)も生産される。



以下、Vale公表ベースの主な生産量世界ランクなど。(2020年)


・鉄鉱石生産世界最大。

・ニッケル生産世界最大。

・マンガン生産ブラジル最大。

・Carajás(カラジャス)鉱山から生産される鉄鉱石の品質世界最高。





鉄鉱石部門 鉄鉱石 - 資源一覧

Vale(ヴァーレ)の鉄鉱石部門はブラジル国内の生産がメインであり、ブラジル国内で圧倒的シェアを持っている。鉄鉱石鉱山開発、鉱石を運ぶ鉄道、港湾関係まで一貫体制で操業を行っている。


生産された鉄鉱石・ペレットは主に中国を中心とするアジアに向けて出荷されている。


Valeのブラジル国内での生産は大きく、


・Southeastern System(サウスイースタン・システム)
・Southern System(サザン・システム)
・Northern System(ノーザン・システム)

の3つに分かれる。またValeの中では生産規模は小さいがMidwestern Systemもある。全て露天掘による採掘。


Carajás鉱山をメインとして構成されるNorthern Systemからの生産量の占める割合が大きく、2019年ではValeの年間鉄鉱石総生産量の半分強を占める。


Southeastern Systemはミナス・ジェライス州にあるItabira(イタビラ)鉱山の鉄鉱石生産量が大きい。Itabira鉱山はCauê、Conceiçãoの両鉱山に分けられる。


Valeの2019年の年間鉄鉱石生産量は約3億200万トン。


ニッケル部門 ニッケル - 資源一覧

Valeのニッケル部門は2006年に買収したIncoの資産からの生産が大きい。


主な生産エリアはカナダ、インドネシア、ニューカレドニア(フランス海外領土)。またブラジル国内でも生産を行っている。


インドネシアではインドネシア証券取引所(IDX)上場企業であるPT Vale Indonesia(PTVI)の権益を59.28%所有している。生産拠点はスラウェシ島。


Valeの2019年の年間ニッケル生産量は約20万トン。カナダでの生産が約半分を占める。


マンガン部門 マンガン - 資源一覧

Valeのマンガン部門はブラジル国内での生産。最も生産量が大きいのはパラー州のAzul鉱山。


Valeの2019年の年間マンガン生産量は約158万トン。


主な鉱山・プロジェクト

Vale(ヴァーレ)の主な鉱山・開発プロジェクトとそのターゲット。


インドネシア
・Sorowako-ニッケル

カナダ
Sudbury-ニッケル・銅・白金・パラジウム・金
Thompson-ニッケル・銅・コバルト
Voisey's Bay-ニッケル・銅・コバルト

ブラジル
Azul-マンガン
Carajás-鉄鉱石
Corumbá-鉄鉱石
Itabira-鉄鉱石
・Mariana-鉄鉱石
・Minas Centrais-鉄鉱石
・Morro da Mina-マンガン
Onça Puma-ニッケル
・Paraopeba-鉄鉱石
・Salobo-銅・金
・S11D-鉄鉱石
Sossego-銅・金
Urucum-マンガン
・Vargem Grande-鉄鉱石

モザンビーク
Moatize-石炭


参考:各社ホームページより