資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 各国情勢

資源ランキング

資源について > 資源ランキング > 鉄鉱石生産量(鉱山別・オーストラリアWA州)

資源関連の様々なランキングについて。

鉄鉱石生産量(オーストラリアWA州・鉱山別)

オーストラリアの西オーストラリア州(WA)における鉄鉱石の鉱山別の生産量ランキング。

2020年
ランク鉱山生産量(000 t)
1Hamersley210,682
2※FMG Chichester90,000
3Yandi83,126
4Newman79,536
5Jimblebar67,285
6※FMG Solomon65,000
7※Roy Hill60,000
8Area C58,362
9Hope Downs49,045
10West Angelas34,209

USGSによれば2020年のオーストラリアにおける年間鉄鉱石(鉱石ベース)生産量は約9億1000万トンであり、DISERによれば西オーストラリア州の鉄鉱石生産量がオーストラリア全体の年間鉄鉱石生産の約99%を占める。西オーストラリア州ではPilbara地域で主に鉄鉱石生産が行われている。

Rio Tintoの鉄鉱石部門の主力であるHamersley鉱山の生産規模は世界最大級(複数の鉱山で構成される)。同社とBHP、Fortescue Metals Group(FMG)が西オーストラリア州(Pilbara地域)で生産を行っている鉱山の鉄鉱石生産量合計とUSGSデータを照合してオーストラリア全体の年間鉄鉱石生産の90%近くを占めている。

BHPの鉄鉱石鉱山には日本の三井物産と伊藤忠商事、Roy Hill鉱山には丸紅が出資している。

※FMGの所有鉱山とRoy Hill鉱山の生産量は推定値。Chichesterは近隣にあるCloudbreakとChristmas Creekの2鉱山、Solomonは近隣のFiretail、Kings Valley、Queens Valleyの3鉱山で構成される。

参考:U.S. Geological Survey、Department of Industry, Science, Energy and Resources、各社HP